2005年03月02日

東京タワー

カズエと六本木ヒルズで東京タワー(映画)を見た。
黒木瞳演ずる詩史さんみたぃな熟女になってみたぃと思った。
六本木ヒルズの広い部屋に住んで、お洒落なホームパーティとか開いてみたぃじゃなぃですか。もちろん彼女みたぃに綺麗じゃなぃと絵にならないだろうけども。

でも幸せって何だろうと思う。
彼女は傍目から見たら、誰もが羨む生活を送っている。
でも、彼女はその中で一人寂しさを抱いて生活をしていたんだろうと思う。
日々の小さな感動や幸せっていうのは、人とのインタラクトの中で芽生えたり、共有したりしなければ、過ぎ去ってしまうものな気がする。

最近「心脳マーケティング」という本を読んでいる。
そこでは、記憶は物語として人間の脳に保存されているデータだという。
その物語の主人公が、一人だけでは寂しい。
自分の思考や感情が体や脳、社会と切り離せない部分に存在するのと同様に、人間も一人ぽっちでは生きていけない動物なんだよね、きっと。
posted by Emma at 14:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

恋はするものじゃなくて、落ちるものだ―。
Excerpt: ----------------------------------------------------------- 【魔法のコトバ(278)】 恋はするものじゃなくて、落ちるものだ―。 ―..
Weblog: ほぼ日刊!人生を変える魔法のコトバ
Tracked: 2005-03-10 00:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。