2005年05月18日

Ritz班MTG

終電で帰れると思ったら帰れず・・・ふにゃこ。
でも、結局ホテル業界のセグメンテーションを行って、母国でも成功し、なおかつ日本でも成功している外資ホテル企業からエクセレンスを抽出しよう、ということになった。
日本の風土に合うようにうまく戦略をシフトしているなら、なぜ日本の御三家は外資ホテルに負けてしまっているのか。
がんばれ日本産ホテル。
2008年には次々と外資ホテルが参入し、客室数がググンと伸びて競争が激化するだろうけど、出来るなら日本企業にがんばってもらいたい。
posted by Emma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。